株式会社日大事業部とは?責任者の井ノ口さんとは?

By / In 未分類 / 1,157 Comments

はじめまして。株式会社日大事業部について評判から採用情報まで様々な情報を書いていこうと考えております。みなさんの気になる日本大学との関係性、株式会社日大事業部についての業務内容まで書いていきたいと考えています。

 

株式会社日本大学事業部とは、日本大学が100%出資している会社です。

今回は最初の記事となるので、株式会社日大事業部について基礎的な情報を書いていきたいと思います。

それでは最初に、株式会社日大事業部の歴史について書いていきたいと思います。

 

2009年7月に日本大学総務部が所管となり、前身となる事業会社開設準備室を日本大学会館内に開設をしました。

同年9月に、事業会社の名称を学内外に公募をし、11月には公募名称の中から選び、事業会社の名称を「株式会社日本大学事業部」と定めました。

2010年1月には、株式会社日本大学事業部を資本金5,000万円で設立し、本店所在地を、東京千代田区に置きました。そして、損害保険代理店資格を取得し、損害保険代理店業務を開始しました。

2011年5月には、本店所在地を東京都世田谷区へ移転しました。この移転に伴って、旧本店を市ヶ谷オフィスとし、営業部門のみを置くようになりました。

2012年3月には、市ヶ谷オフィスを再度設置し、保険代理店事業部門を移設しました。

2012年10月には、本社所在地を東京都世田谷区に移動しました。

 

これでざっくりとですが、これまでの株式会社日大事業の歴史を紹介できたでしょうか。

株式会社日大事業の責任者は井ノ口忠男さんのようですね。

 

次に、株式会社日大事業部の行っている事業について書いていきたいと思います。

株式会社日大事業部の主なる事業内容は、7つの種類分けがされています。

1つ目の事業内容は、安心と安全を提供する、保険代理店事業です。

主に3つのサービスがあり、1つ目は、日本大学学生生徒等総合保証制度です。

日本大学学生生徒等総合保証制度は、日本大学と保険会社が共同で企画をしたもので、日本大学の規模を最大限に活用しているため、個人で加入をするよりお得な制度となっているようです。怪我を始め、損害事故の損害など幅広く対応しており、学生生活のみならず、日常生活中に直面する可能性のある危険なことまで総合的に保証をしてくれます。

2つ目は、海外旅行保険です。海外旅行時だけではなく、留学や出張の時にも安心で安全な保険です。損害事故や、賠償責任が生じてしまった際に、補償をしてくれます。

3つ目は、医療保険です。考えられる病気や、怪我などでの入院や手術のリスクや経済的な負担に備えることが出来る保険です。

 

2つ目の事業内容は、教育と研究の活性化をお手伝いする教育・研究支援事業です。

教育用の事務用機器や備品の販売を始めとし、印刷や出版、デジタルメディアの制作・管理なども行っています。その他にも、知的財産権の維持・管理もしているようです。

 

3つ目の事業内容は、充実した学生生活のサポートをすることを目的とした学生生活支援事業です。

学生達が利用をする、自動販売機の設置、管理を始め、ゼミやサークル合宿などの案内、運転免許の取得の案内、リサイクル業務などを行っているようです。

 

4つ目は、施設の運営や維持のコスト削減に寄与をするキャンパス環境管理事業です。

環境管理事業ですから、保安警備業務、清掃業務、緑地管理、施設設備メンテナンスを行っております。その他には、食堂や購買部(コンビニ)の運営も行っております。

 

5つ目は、業務支援により業務の効率・合理化を目指した人財サービス事業です。

株式会社日本大学事業部では、人材派遣事業を行っています。日本大学事業部では、日本大学の持つスケールと広域ネットワークを駆使した、幅広いフィールドと専門領域でキャリアの成長をサポートしています。近い将来、日本全国で活躍する大学のOB及び、関連企業と連携し、アウトソーシング事業や人材紹介事業と幅広い人財サービスの展開を予定しているそうです。

 

6つ目は、不動産全般に関する支援を行っている、不動産関連事業です。

日本大学の指定不動産業者が存在しており、学生向けの物件を取り扱っているので、優れたマンションも学生に紹介することが可能となっています。

 

最後の7つ目は、イベントを成功させるためのノウハウを提供している、イベントプロデュース事業を行っています。

冠婚葬祭を始めとし、学会、OB会の管理運営を行い、学生や職員向けの各種研修委託まで幅広く行っているようです。他にもオープンカレッジ等の受託も行っています。

 

事業内容について書いていたら、少し長くなってしまいましたが、株式会社日大事業部の事業について少しは理解して頂けたでしょうか。

歴史や事業内容について最初に理解した方が株式会社日大事業部について興味が持ちやすくなると思いまして、今回は書かせていただきました。

今後も、株式会社日大事業部について書いていこうと思っていますので、次回の更新も楽しみにしていてください。